我らパープー仲間(サザンオールスターズ)cover by WATARU

未分類

0

久しぶりに必殺技の「生フェードアウト」やりました(≧▽≦)

サザンオールスターズの4枚目のオリジナルアルバム
『ステレオ太陽族』に収録されているなかなかのレア曲です。

「パープー仲間」とは「リスペクトと愛と才能に溢れた、気のおけない音楽仲間たち」
つまりサザンに関わる音楽仲間の事で桑田さんのスタッフに対する愛の歌という事です。
真実はわかりませんが…僕は勝手にそう思ってます(^^♪)

しかしこの言葉選びのセンス!
これぞ桑田佳祐的な…
とにかくセンスがなければ「パープー仲間」なんて言葉絶対に出てこないと思います(笑)

ほんと桑田さん天才(≧▽≦)

この曲の歌詞もセンスの塊で…
「BYE-BYE-BYE」の所は「バイ」ではなく明らかに『バッ!、バッ!バッ!』と
言ってるし…
「ムケタラバズルリブ」なんて全く意味ない言葉をそのまま音の響きだけで採用してるし…「我々も我も君達もパプー」はコール&レスポンスできればなんでもよかったような歌詞だし(笑)
ラストの速くなる所は歌詞にない言葉で…
原曲でこんな感じに言ってるので…そんな感じで歌いました(笑)
ちなみに原曲はもう少し長く続いているのですが…
あまり長く一人でこの意味不明な言葉をシャウトし続けるのは
メンタルが持ちそうもなかったのでショートバージョンにしました(≧▽≦)
わはは!

当時の桑田さんの歌詞って言うならば和風ラップのような意味あいというか…
歌詞の意味よりも「リズム」や「響き」の方が重要で、その独特のセンスがこそ
他の誰もがマネできない桑田さん独自の作品となっていたんだと思います。

こうしてアコギ一本で弾いてみると曲の余計な部分が削ぎ落されて、
改めて曲の本質のようなものを感じる事が出来るんですよね。
それがアコギの弾き語りをしている一つの理由にもなっています。

#ムケタラバズルリブ#ぱぷーじゃなくぱーぷー#桑田節#ステレオ太陽族#言葉遊びの天才#昔のYAMAHAのアコギ最高#YAMAHAオレンジラベル

コメント

タイトルとURLをコピーしました