サザンオールスターズの「エロティカ・セブン」を伊藤ナオミさんが公開ライブ収録しました。超ノリノリのパフォーマンスをお楽しみ下さい。

未分類

0

サザンオールスターズが1995年にリリースした「エロティカ・セブン」はオリジナルがホラーもどきの遊び心満載の曲なので、時節柄ハロウィンっぽくしてみました。

入れ替わり立ち替わり現れるダンサー達がそれぞれ個性的な踊りを披露してくれています。

群舞ゾンビのマイケル・スリラーダンスを手始めに、ピエロのパントマイムとか、意外に上手い太っちょレスラーのダンスもお薦めです.。
最後はパチもんドラキュラが同じくスリラーダンスで締めてくれます。

この曲の歌詞は、「Feel like making loveと掛けて?」と問う円楽師匠のお題を、「悪魔が来たりて笛を吹く!」…歌丸です、と結んだ笑点の大喜利を観ているようです。

もしくは、「史上最低の映画監督」と呼ばれたエド・ウッドの、おバカでエロティカな歴史的カルトムービー「死霊の盆踊り」(このB級ムービー感溢れる日本語タイトルセンスが秀逸!)の世界観が近いのかも知れません。

対して、ジョニー・デップが怪演した映画「エド・ウッド」では、カルト大好きティム・バートン監督の超A級白黒ゴシック・ホラー映像が素晴らしかったです。

何にしてもこんな風に描き切る事が出来る桑田佳祐の才能は凄いですが、それを見事に遊んで表現しているノリノリの伊藤さん、流石です(笑)

なので、「エロティカ・セブン」は皆で楽しんで作る事が出来ました。
冒頭ホラーアニメの「どこまでやるねん!」感は個人的には結構ツボっています。

4K視聴が可能な方は是非2160pでご覧下さい。

Lyric & Compose: Keisuke Kuwata

Vocal: Naomi Ito

Arrangement,Play&Track: Akihiro Kaseda
Piano: Maki Watanabe

【生きとし生けるもの、いづれか歌を詠まざりける】
(この世に生を受けたものたちは皆、それぞれの歌を詠っている)

平安時代、日本初の勅撰和歌集である「古今集」の冒頭部で紀貫之が仮名書きしたこの一節を、このチャンネルの「こころ」とさせて頂きました。

趣溢れた歌詠(うたながめ)のこころは、平安レトロモダンとして、カラオケ文化やオタクなアニソン文化、ボカロ文化その他諸々に姿を変え、令和の今も市井の人々の中に生き続けています。

Supervision & Video Editing Akihiro Kaseda

utanagame@gmail.com
Twitter: @utanagame

#伊藤ナオミ、#エロティカセブン、#サザンオールスターズ、#ハロウィン、#スリラーダンス、#ゾンビダンス、#ドラキュラ、#ゴシックホラー、#エドウッド、#ティムバートン、

コメント

タイトルとURLをコピーしました